札幌市東区あつき動物病院

お問い合わせ Tel:011-299-7422

犬のアロペシアX(脱毛症X)

ポメラニアン、トイプードル、サモエド、シベリアンハスキーなどの犬種に好発する皮膚病です。 症状は頭部と四肢を除いた部位に痒みのほとんどない脱毛が起こり、 初期症状は毛の量が少なくなったり、硬い毛が目立つようになることが多いです。 性ホルモンの不均衡が原因とも考えられていますが、詳しい原因はわかっていません。

診断は脱毛症を起こす他の疾患を除外するため、一般的な皮膚検査、血液検査、ホルモン検査、皮膚病理組織検査などを実施します。 治療としては去勢手術、メラトニン、トリロスタン、サプリメントなどを投与しますが、経験上、発毛まで時間がかかることが多いようです。

発毛した後も数年後に再発することもあります。

治療前です。
体幹部全体が毛がまだらになり、プードルの毛とは思えない硬い毛で被われています。

治療後です。やわらかい元通りの毛が生えてきました。

WEB受付


サブメニュー

健康診断(半日ドック)
動物医療情報
よくあるご質問

動物病院ブログ

あつき動物病院ブログ


動物病院案内

札幌東区あつき動物病院
札幌市東区北21条東10丁目2番8号
あつき動物病院
TEL 011-299-7422
■金曜日・祝日休診
■受付時間
午前 9:30~11:45
午後 16:00~18:45
日曜日 9:30~11:45

↑ PAGE TOP