札幌市東区あつき動物病院

お問い合わせはこちら 休診日:金曜、祝日

犬の乳腺腫瘍

犬の乳腺腫瘍は未避妊の雌犬で最も多く見られる腫瘍で、雌犬全体の腫瘍の約半数を占めます。
犬の乳腺腫瘍の約半数は悪性であり、さらにその半数は発見時にすでに転移していると言われています。

性ホルモンは雌犬の乳腺腫瘍の発生に関与しており、卵巣摘出術が実施された年齢は乳腺腫瘍発生の リスクと関係しています。
卵巣摘出時期 乳腺腫瘍の発生率
初回発情の前 0.05%
初回発情後から2度目の発情の前 8%
2度目の発情の後 26%


予後に関連する因子
・ステージ
・潰瘍形成、腫瘍の浸潤
・病理組織学的検査、増殖活性
・卵巣摘出術(乳腺腫瘍手術時点において未避妊では生存期間が短い)など

治療の第一選択は外科切除です。
切除の範囲は生存期間などに影響なく、組織学的に完全な切除マージンが予後に影響します。

多くの研究では乳腺腫瘍の手術と同時に卵巣子宮摘出を行っても、生存期間や無病期間に差はないと 報告していますが、ある報告では乳腺腫瘍の摘出と同時に卵巣子宮摘出を行った犬の 生存期間の延長が報告されています。

浸潤性や転移の疑いのある場合は、術後に化学療法や非ステロイド系COX-2阻害剤を投与することがあります。

犬の乳腺腫瘍は雌犬にとってよく発生する腫瘍ですが、避妊手術により予防も可能な病気です。
ぜひ早期の避妊手術をお考え下さい。
治療により制御可能な例も多いため胸にしこりを見つけたら、早めの動物病院への受診をお勧めします。

あつき動物病院ブログ