札幌市東区あつき動物病院

お問い合わせはこちら 休診日:火曜、祝日

犬のワクチン

ウイルスによる伝染病は治療が困難な場合が多く、予防が大切です。

子犬は母親譲りの免疫を持っている場合が多く、その時期のワクチン接種は効果があまり見られないことが多いです。 そのため生後2ヶ月頃から3~4週間隔で2~3回程度のワクチン接種が必要です。詳しくは当院までお問い合わせください。

ワクチン接種後すぐに免疫力がつくわけではありませんので2~3週間は他の犬との接触はお控えください。

成犬になったら1年に1回の追加接種または抗体検査が必要です。

実際に抗体価(ワクチンの効果)を測定してみるとワクチン接種1年後、ウイルスによっては十分な抗体価が維持できていない例も存在することから 予防という観点で毎年接種もしくは抗体価の測定をおすすめします。

ワクチン接種後の注意
ワクチン接種後は2~3日間は出来るだけ安静にして激しい運動やシャンプーなどはお控えください。 接種後まれに、急に具合が悪くなったり、顔が腫れたりすることがありますので、接種後はよく様子を観察してください。

混合ワクチンに含まれる各種伝染病の説明です。何種を接種するかなどは診察時にご相談ください。

ジステンパー
発熱、目やに、鼻水、嘔吐、下痢などの症状を起こし、痙攣など神経症状を起こすこともあります。死亡率も高い伝染病です。

パルボウイルス感染症
下痢、嘔吐などを起こし、死亡率が高い伝染病です。

犬伝染性肝炎
嘔吐、下痢などを示し肝炎を起こします。死亡する例もあります。

犬伝染性喉頭気管炎
咳、クシャミ、鼻水などの症状を示します。いわゆる「ケンネル コフ」の原因のひとつです。細菌などと混合感染を起こすことも多く症状が重篤になります。

犬パラインフルエンザ
咳、クシャミ、鼻水などの症状を示します。「ケンネル コフ」の原因のひとつです。細菌などと混合感染を起こすことも多く症状が重篤になります。

犬コロナウイルス感染症
嘔吐、下痢などを起こし、他のウイルスや細菌などの二次感染を起こすと症状が重くなることもあります。

犬レプトスピラ感染症
急性の腎炎、肝炎を起こし死亡率の高い病気です。主にねずみの尿を介して感染します。

あつき動物病院ブログ