札幌市東区あつき動物病院

お問い合わせ Tel:011-299-7422

猫の慢性腎不全の治療管理

腎機能の低下に伴って、飲水量、排尿量の増加、食欲不振、体重減少、元気低下、嘔吐、口臭などがみられるようになります。
猫は腎機能が低下していく例が多く、一度低下した腎機能は回復しないため、できるだけ早期に腎機能の低下を発見していくことが大切です。

従来から測定されているクレアチニンという血液検査項目は腎機能の75%程度が失われてから異常値を示すようになるという問題がありましたが 新しく検査できるようになった血液検査項目SDMAは腎機能が40%程度失われると異常値を示すといわれており、より早期に腎機能低下を検出できるようになりました。
そのためSDMAを含めた血液検査、尿検査、エコー検査などの健康診断を5~6歳以降の中年期の犬猫は1年に2回程度行うことをおすすめします。

当院ではIRISのステージ分類を基本に、食事療法、吸着剤のほか、腎機能の悪化因子である尿蛋白の漏出を抑える治療や 2017年に新しく猫用として発売された腎臓病の進行を抑える「ラプロス」の使用など、動物と飼い主様の状況や希望を踏まえ、治療に過度なストレスが加わらないよう考慮し、 飼い主様と相談しながら治療方法を決定しています。

お問い合わせはあつき動物病院まで TEL:011-299-7422

WEB受付


サブメニュー

健康診断(半日ドック)
動物医療情報
よくあるご質問

動物病院ブログ

あつき動物病院ブログ


動物病院案内

札幌東区あつき動物病院
札幌市東区北21条東10丁目2番8号
あつき動物病院
TEL 011-299-7422
■金曜日・祝日休診
■受付時間
午前 9:30~11:45
午後 16:00~18:45
日曜日 9:30~11:45

↑ PAGE TOP