札幌市東区あつき動物病院

お問い合わせ Tel:011-299-7422

フェレットのジステンパーワクチン

フェレットではジステンパー感染症はほぼ100%に近い死亡率の感染症です。

予防のため犬と同様にワクチン接種を行なったほうがいいのですが、現在国内にはフェレット用のジステンパーワクチンは存在しません。

そのため当院ではノビバックPUPPY DPという犬用ワクチンを使用しています。このワクチンはジステンパーウイルスの他にパルボウイルスも含まれていますが、フェレットに影響を与えません。

ノビバックPUPPY DPはフェレットにおいて関係のないウイルス株が1種と他の混合ワクチンに比べて少なく、また国内では以前よりペットのフェレットに多くの使用例があります。

ごく稀にワクチン接種後、急にぐったりしたり、下痢、嘔吐などを呈することがありますので、ワクチン接種後は安静にしてよく様子を観察してください。

フェレットワクチン、ノビバック

WEB受付


サブメニュー

健康診断(半日ドック)
動物医療情報
よくあるご質問

動物病院ブログ

あつき動物病院ブログ


動物病院案内

札幌東区あつき動物病院
札幌市東区北21条東10丁目2番8号
あつき動物病院
TEL 011-299-7422
■金曜日・祝日休診
■受付時間
午前 9:30~11:45
午後 16:00~18:45
日曜日 9:30~11:45

↑ PAGE TOP