札幌市東区あつき動物病院

お問い合わせはこちら 休診日:火曜、祝日

異物の誤食・誤飲

犬や猫は子供と同じように何でも口に入れてしまう傾向があります。異物を誤食する子は懲りずに何度も繰り返すことが多いので気をつけたいです。

異物の誤食で危険なものですぐに思い浮かぶのが、お腹に詰まってしまうような大きな異物、薬品、タバコなど私たち人間でも危険なものですが、実は人が食べても大丈夫なものでも動物が食べてはいけないものが意外に多いので注意が必要です。

一般に広く知られているのはタマネギですね。タマネギに含まれる有機チオ硫酸化合物が犬や猫に貧血を起こしてしまいます。これは加熱調理しても変化しません。タマネギの他にネギの仲間であるラッキョウ、ニラ、ガーリックなども同じように危険です。 タマネギ中毒は実際に動物病院でよく診る中毒です。

チョコレートも犬たちにとっては誤食をしやすいものです。チョコレートに含まれるテオブロミンやカフェインが中毒の原因となり、嘔吐や下痢といった症状から興奮、発作といった命に関わる症状まで発生します。

甘味料のキシリトールも犬では中毒になる可能性があります。一般的にキシリトールは健康に良いイメージがありますが、人と異なり犬では多量に摂取すると低血糖や肝不全を起こしてしまい命に関わることもあります。

あまり知られていないものはぶどうやレーズンです。犬ではぶどうやレーズンを食べた後に急性腎不全を発症し死亡した例が報告されています。発生する原因はまだ詳しくはわかっておりませんが、 一般にあまり知られていない情報のため誤ってペットに与えてしまうことがありますので注意が必要です。

もし異物を飲み込んでしまったら、「いつ」「何を」「どのくらい」飲み込んでしまったのか確認してすぐに動物病院に連絡し、指示を受けてください。

あつき動物病院ブログ