札幌市東区あつき動物病院

お問い合わせはこちら 休診日:火曜、祝日

フェレットの巨大食道症

巨大食道症とは食道が異常に拡張し、正常な運動がみられない状態のことをいいます。 巨大食道症はフェレットではまれな疾患です。

食道が機能しないため元気低下、食欲不振、嚥下障害、体重減少などさまざまな症状がみられることが多いですが 通常、吐出がみられます。

巨大食道症のフェレットの予後は不良のため、早期に診断をつけることが大切です。 診断は症状、レントゲン検査、消化管造影検査に基いて行います。

フェレット巨大食道症バリウム

フェレットの巨大食道症の原因は不明といわれていますが、念のため犬の場合と同様に原因を精査します。 犬の巨大食道の原因は特発性の他、重症筋無力症、副腎皮質機能低下症、食道炎、甲状腺機能低下症、犬ジステンパーなどさまざまです。

フェレットの巨大食道症の治療は犬ほどうまく症状を安定させることは困難です。 食事を起立して食べてもらい、食後30分ほど立っておくなどの他、メトクロプラミド、モサプリド、オメプラゾールなど 胃食道逆流を防ぐ投薬治療を行います。

犬と同様に胃チューブを設置し、食道を介さないで食事をとることも可能ですが、それでも胃食道逆流による吐出を完全になくすことは困難です。 そのため巨大食道症のフェレットは誤嚥性の肺炎を頻繁に起こし亡くなることが多い非常に重篤な疾患です。

あつき動物病院ブログ