札幌市東区あつき動物病院

お問い合わせ Tel:011-299-7422

メラノーマ(悪性黒色腫)のルペオール療法

ルペオールは植物に含まれる成分で抗炎症作用、抗酸化作用、抗腫瘍効果があります。
細胞レベルでは悪性黒色腫のほか、肺がん、膵臓がん、肝臓がん、前立腺がん、白血病、扁平上皮癌などに効果が認められています。
抗がん剤のような副作用も少ないため、体への負担を少なく治療をすることができるメリットがあります。

ルペオールは特に犬のメラノーマ(悪性黒色腫)に対しての使用例、抗腫瘍効果の報告があり、鳥取大学動物医療センターでも多く使われているようです。

メラノーマは局所での浸潤性も高く、術後の転移も多い癌です。通常は広範囲の外科手術を行い、再発・転移予防に放射線治療や化学療法を行いますが それらを実施しても制御困難なことが多いです。

非常に悪性度の高い腫瘍のため当院では、通常の治療の他に、メラノーマに効果がみられるルペオールの投与を術後実施しています。
外科手術・化学療法に併用してルペオールの投与を行う場合や
外科手術後に副作用の少ないルペオールやオゾン療法のような免疫療法を組み合わせて、体への負担を極力減らした治療を行うことも可能です。

また現在ではメラノーマへの使用例が主ですが、その他の腫瘍においても抗腫瘍効果を期待して投与していくこともできます。

まだ確立された治療法ではありませんが、ご希望の方は当院までご相談ください。

お問い合わせはあつき動物病院まで TEL:011-299-7422

WEB受付


サブメニュー

健康診断(半日ドック)
動物医療情報
よくあるご質問

動物病院ブログ

あつき動物病院ブログ


動物病院案内

札幌東区あつき動物病院
札幌市東区北21条東10丁目2番8号
あつき動物病院
TEL 011-299-7422
■金曜日・祝日休診
■受付時間
午前 9:30~11:45
午後 16:00~18:45
日曜日 9:30~11:45

↑ PAGE TOP