札幌市東区あつき動物病院

お問い合わせはこちら 休診日:火曜、祝日

犬の狂犬病予防接種

当院にて狂犬病予防接種を行っています。

狂犬病予防法により生後91日以上の犬には登録と狂犬病予防注射が義務付けられています。

犬の登録・注射済票の交付は当院から後日郵送になりますのでご了承ください。
ワクチン接種当日は狂犬病ワクチン接種証明書を発行致します。

狂犬病は日本国内では各種対策により1956年以来、発生はみられませんが世界的には日本、イギリス、オーストラリアなど一部の国を除いて 全世界で発生しており年間約55000人もの人が亡くなっています。

2013年には日本と同じ狂犬病清浄地域であった台湾で52年ぶりに野生動物および飼育犬で狂犬病の発生がありました。

日本国内でも接種率の低下が続けば、諸外国からの狂犬病ウイルスの侵入により発生の恐れは当然ありますので 接種は必要です。




あつき動物病院ブログ