札幌市東区あつき動物病院

お問い合わせはこちら 休診日:火曜、祝日

猫の便秘

中高齢の猫ちゃんでは、さまざまな要因によって数日間便が出なかったり、ウンチがとても硬い、排便時に長い間いきんでいるなど便秘に悩まされることが増えていきます。 そのまま慢性化してしまうと動物病院で浣腸などの処置が定期的に必要になってしまうことも。 便秘の原因についてと獣医師がおすすめする便秘の対処法について解説します。

主な便秘の原因
1. 環境の変化(引越しや部屋の模様替え、新しい動物のお迎え)、トイレの汚れ、猫の数に比べトイレの数が少ない(猫の数プラス1個のトイレが必要です)など
2. おしりの痛み、関節炎や麻痺など排便姿勢をとるのが難しい状態
3. 過剰な毛玉、消化の難しい骨やプラスチック、ゴムなどの異物
4. 脱水を引き起こす腎不全やその他内臓の病気
5. 会陰ヘルニアや腸の中に腫瘍や腫れがあったり、お腹の中の腫瘍や大きなしこりが腸を圧迫して出ずらいことも

トイレなどの環境の問題や加齢による影響、もしくは猫の病気からくるものだったり便秘の原因はさまざま。 まずは動物病院を受診して、いろいろな検査によって原因を探る必要があります。


すぐできる便秘の解消法2つ

1. 乳酸菌などの腸内の善玉菌を増やすサプリメントを与える
腸内の環境を整えることによって、便の状態を整え、排便を促してくれます。

2. 水溶性(可溶性)繊維を含んだキャットフードに切り替える
腸の動きを促し、便の水分量を増やして便秘を改善してくれます。

ポイントは水溶性繊維。
サツマイモなどに多く含まれる不溶性繊維は便のかさを増やして(うんちを大きくして)腸の動きを促して便秘を解消させるものです。 サツマイモなどの不溶性繊維は状態によってはさらに便秘を悪化させる場合があるので注意が必要です。

あつき動物病院ブログ