札幌市東区あつき動物病院

お問い合わせはこちら 休診日:火曜、祝日

フェレットの耳ダニ症

犬や猫に寄生するのと同じミミヒゼンダニがフェレットにも寄生し、他の動物と接触することで感染が伝播します。

耳ダニが寄生したフェレットは頭を振ったり、耳や体を痒がったりするが、無症状のことも多いです。
フェレットは正常でも耳道内に褐色の湿った耳垢がありますが、耳ダニ感染があると 通常よりも耳垢は多くなります。
フェレットは正常でもある程度体を痒がることはあります。

診断は耳道内の耳鏡検査にてミミヒゼンダニ肉眼で確認するか、耳垢を顕微鏡検査で耳ダニもしくは卵を 検出します。
耳ダニは体の他の部分にも寄生することはありますが、まれです。
重度の寄生では斜頚を伴う中耳炎が報告されていますが、個人的には診察の経験がありません。

治療はイベルメクチンの経口もしくは皮下投与、イベルメクチンの点耳が昔からよく行われていますが セラメクチン(レボリューション)が市販されてからはセラメクチンの1~2回の投与で完治することがほとんどのため 当院では薬の使いやすさもあり、セラメクチンを主に使っています。

動物同士でうつしあうため、同居動物全員の治療が必要です。
多頭飼育では1頭でも感染が残っていると完治できませんので徹底した治療、予防が必要です。

あつき動物病院ブログ