atsuki-ac

フェレット

犬・猫・フェレットの歯が折れてしまったら

動物の歯が折れてしまったらどうしますか? 歯を修復し、抜歯せずに温存できる方法があります。
お知らせ

当院はキャッシュレス・消費者還元事業に登録されています。

当院は10月から始まるキャッシュレス決済にて5%ポイントが還元される事業者に登録されています。
オゾン療法

シニア犬・猫とオゾン療法

犬猫では7歳を過ぎたころから、若いころに比べると寝ることが増えてきたり、遊ばなくなったり、食べる勢いが遅くなったりすることがよくみられます。 これらは病気のサインであることもありますが、老化の兆候であることも多いです。 もしこ...
お知らせ

ビルジャック製ドックフード取り扱い始めました

低温低圧調理されたドックフードは素材本来のおいしさを失いません。 涙やけや胃腸の弱い子にもおすすめです。

犬・猫のワクチン抗体検査について

WSAVAワクチネーションガイドラインを参考に当院でも、1年に1回のワクチン接種の替わりにワクチン抗体検査を行うようになってきています。 幼少期および追加の1歳時にワクチンを適切に接種していればワクチンの効果が数年間持続する例が多い...
お知らせ

2019年フィラリア予防始まりました

2019年も6月になり、蚊を媒介して感染するフィラリア症の予防シーズンが始まりました。札幌での予防シーズンは6月から11月までの6か月間です。 当院では犬、フェレットでのフィラリア予防だけでなく、近年感染例が増えてきている猫のフィラ...
お知らせ

マダニ、フィラリア予防の季節がやってきました

5月に入り当院でもマダニに噛まれた犬が来院するようになってきました。マダニは様々な感染症の媒介動物です。近年報告例が増えているSFTS(重症熱性血小板減少症候群)も媒介し、人だけでなく、犬猫への感染例もあります。また感染した犬猫から人への...
お知らせ

新しい外耳炎治療薬「オスルニア」

犬の外耳炎で薬を与えるのが難しい方に朗報です。 1週間隔で2回点耳すると約1ヶ月効果が持続し、それだけで外耳炎治療が終了する新しい薬があります。 従来は毎日1~2回、自宅で点耳する必要がありましたが、耳を触れない犬の場合、自宅で...
お知らせ

血液検査機器を新しくしました

開院時から使用していた血液検査の機械が故障したため、新しく導入しました。 自動血球計算装置プロサイトDxは従来の白血球5分類だけでなく貧血時に役立つ網状赤血球数測定や異常血球検出など測定できる検査項目が増えています。 開院して9...
フェレット

高栄養パウダーの代替食

フェレットの食欲不振時に非常に使い勝手の良かった高栄養パウダーが販売終了になってから、それと同じくらいの嗜好性と強制給餌のしやすさを兼ね備えたフードがなかなかないのが現状です。 現在、あつき動物病院では「カケシア」「フェレットセレクシ...