フェレット

フェレットの骨関節炎

フェレットが跛行、ふらつきを起こす場合、通常は低血糖や体調が悪いことに起因する後肢のふらつきがほとんどなので、フェレットの診察に慣れていない動物病院では判断に迷うことも多いと思いますが まれに犬猫と同じように変形性関節症が原因で跛行、ふら...
オゾン療法

犬肥満細胞腫とオゾン療法

犬の肥満細胞腫の治療にオゾン療法を実施した例について その適応について書きたいと思います。 犬の肥満細胞腫は悪性腫瘍ですので、通常は手術で切除するのが第一選択となります。 その中で、手術が実施できない例(手術で取れない場所、心臓が...
文献

臨床的に健康なフェレットの尿比重

今までフェレットの尿比重について情報がなかったのですが、フェレットの尿比重について新しい文献がありました。 尿比重は腎機能などの指標として非常に重要であります。 今までは自分の病院でのフェレットの尿検査時のデータや犬猫のデータを...
文献

フェレットにおけるネコのFIPに類似した疾患の臨床病理の特徴

Vet Pathol. March 2008;45(2):236-246. Clinicopathologic Features of a Systemic Coronavirus-Associated Disease Resemblin...
フェレット

フェレットの強制給餌

フェレットでは食欲不振の原因が何であれ、治療に反応するまでの間、とりあえず食べさせることによって体力の維持を図らないとどんどん衰弱していってしまいます。 例えば、体重1kgあった子が急激に半分の5~600gにまで減少し衰弱していくなどよく...
フェレット

フェレットの毛球症

フェレットではグルーミングによって自分の毛やごみなどを食べてしまい、それらが胃の中に留まり大きな固いかたまりになってしまうことが多々あります。 症状としては無症状から吐き気、嘔吐、食欲不振、胃潰瘍による黒色便など様々です。 あまりにも大...
フェレット

フェレットの前十字靭帯損傷

他の先生より紹介してもらった症例をご紹介します。 前日より右後肢を引きずるとのことで来院。 食欲は正常、あまり動かないとのこと。 知り合いの獣医師から相談があり、その話ではプロプリオセプションが低下しており、歩様からも麻痺している...

イブプロフェン中毒

先日、イブプロフェンを誤食した犬が来院しました。 イブプロフェンは市販薬にもあり一般的なNSAIDで鎮痛解熱剤として広く扱われています。 しかし、犬、猫では安全域が狭く、小動物領域では処方されることはなく、誤食による中毒がほとんどで...
文献

副腎皮質機能亢進症に対して外科的治療を行なったフェレットの長期結果

Department of Clinical Sciences, College of Veterinary Medicine and Biomedical Sciences, Colorado State University, Fort...
文献

フェレットの凝固試験

Coagulation values in normal ferrets (Mustela putorius furo) using selected methods and reagents. Benson KG, Paul-Mur...