フェレットの骨関節炎

2018/12/4

フェレットが跛行、ふらつきを起こす場合、通常は低血糖や体調が悪いことに起因する後肢のふらつきがほとんどです。

ただし、まれに犬猫と同じように変形性関節症が原因で跛行、ふらつきが起こることがあります。

 

この例では右股関節脱臼、左股関節の重度の変形性関節症が起こっています。

実際、このフェレットは後肢の跛行がありました。

フェレットは体重が軽いため、関節炎があっても症状を示すことは少なく、このような変形性関節症による症状は珍しいと考えていいと思います。