記事一覧

NO IMAGE
8月は気温も高くなってくるため、熱中症のリスクが高まります。お散歩は朝夕の涼しくなってからをおすすめします。 8月の臨時休診は以下の通りになっています。 8月2日(月)臨時休診 8月11日(水)臨時休診 8月11日が臨時休診のため祝……
NO IMAGE
猫は中高齢期になると他の動物に比べ便秘で困ることが多い動物です。 一般的な便秘の症状は便が最近硬く大きくなってきた、もしくは硬く小さい便をするようになってきた、排便が数日見られない、いきむ時間が長い、いきんでいるのに便が出ないことがある、……
フェレットが病気で食欲が落ちた時に、そのままにしているとどんどん体重が落ちて弱ってしまいます。そんな時に栄養を補助してあげるためのフードが様々あります。 当院ではテクニケア、肉食小動物用クランブル、カケシアを主に使用していましたが、特にカ……
札幌市東区のあつき動物病院です。 ワンちゃん向けの注射タイプのフィラリア予防薬の予約が今年も始まりました。 予約受付期間は1月いっぱいです。注射の実施時期は2月から3月です。 フィラリア予防薬の注射は「プロハート」という薬で1回注射す……
  札幌でも少し雪が積もるようになってきました。寒くなると体調を崩す動物やおしっこのトラブルに見舞われる猫ちゃんが増えてきます。「おしっこが出ない」は緊急状態ですので様子は見ずに動物病院を受診するようお願い致します。 12月の……
従来から犬アトピー性皮膚炎はステロイド、シクロスポリン、オクラシチニブと内服薬が主な治療方法でした。 毎日の愛犬への投薬は動物・飼い主双方にとって苦痛を感じたり、忙しくて投薬を忘れてしまい痒みが悪化したりと毎日の投薬が負担になってし……
犬猫の漢方薬
標準的な治療で治らない犬猫の咳の症状に対して当院では漢方薬の併用をおすすめしています。 治りづらい咳症状を引き起こす病気として、慢性気管支炎、気管虚脱、僧帽弁閉鎖不全症などの心臓病、猫喘息などが挙げられます。これら病気に対してまずは……
新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、ご自身のこと、動物のこと、ご不安があると思います。当院でも来院された患者様、医療スタッフの感染防止・動物医療維持のため下記の対策を実施しています。 ・医療スタッフのマスクの着用 ・手洗いの……
犬猫の漢方薬
犬の毛が抜けてしまい脱毛を起こし、発毛不全により毛が生えてこない病気はさまざまあります。 代表的な病気としてアロペシアX(脱毛症X)、淡色被毛脱毛症、黒色被毛脱毛症、パターン脱毛、毛刈り後脱毛などがあります。 これらの病気は基……
犬猫の漢方薬
何度もトイレに行く頻尿や血尿、トイレ外でのおしっこ、排尿時に鳴くなどの膀胱炎症状の原因は主に膀胱結石やストルバイト結晶、シュウ酸カルシウム結晶などの尿砂、細菌性膀胱炎、膀胱腫瘍などがありますが、猫ではこれら炎症の原因が見つからない特発性膀……