記事一覧

フェレットでは食欲不振の原因が何であれ、治療に反応するまでの間、とりあえず食べさせることによって体力の維持を図らないとどんどん衰弱していってしまいます。 例えば、体重1kgあった子が急激に半分の5~600gにまで減少し衰弱していくなどよく……
フェレットではグルーミングによって自分の毛やごみなどを食べてしまい、それらが胃の中に留まり大きな固いかたまりになってしまうことが多々あります。 症状としては無症状から吐き気、嘔吐、食欲不振、胃潰瘍による黒色便など様々です。 あまりにも大……
NO IMAGE
他の先生より紹介してもらった症例をご紹介します。 前日より右後肢を引きずるとのことで来院。 食欲は正常、あまり動かないとのこと。 知り合いの獣医師から相談があり、その話ではプロプリオセプションが低下しており、歩様からも麻痺しているよう……
NO IMAGE
先日、イブプロフェンを誤食した犬が来院しました。 イブプロフェンは市販薬にもあり一般的なNSAIDで鎮痛解熱剤として広く扱われています。 しかし、犬、猫では安全域が狭く、小動物領域では処方されることはなく、誤食による中毒がほとんどです。……
NO IMAGE
Coagulation values in normal ferrets (Mustela putorius furo) using selected methods and reagents. Benson KG, Paul-Murph……
NO IMAGE
冬のインフルエンザの時期ということでフェレットにおけるインフルエンザについてです。 ヒトのインフルエンザウイルス株の中にはフェレットに感染するものがあります。 飛沫の吸入によりフェレットからフェレット、ヒトからフェレット、またフェレット……