慢性的な咳の治療に漢方薬

標準的な治療で治らない犬猫の咳の症状に対して当院では漢方薬の併用をおすすめしています。

治りづらい咳症状を引き起こす病気として、慢性気管支炎、気管虚脱、僧帽弁閉鎖不全症などの心臓病、猫喘息などが挙げられます。これら病気に対してまずは標準的な治療を行いますが一部の動物ではなかなか咳が収まらず、咳によって生活の質が落ちてしまう例がみられます。

そういった動物に対して西洋的な標準治療にプラスして漢方薬を併用すると咳症状が改善ないしは軽減することがあります。

動物用に生薬を調剤した苦みの少ない錠剤タイプの漢方薬があるので動物にも与えやすいのが特徴です。

もし咳症状にお悩みでしたら、漢方薬の併用を考えてみてはいかがでしょうか?あつき動物病院までご相談ください。