シニア犬・猫とオゾン療法

犬猫では7歳を過ぎたころから、若いころに比べると寝ることが増えてきたり、遊ばなくなったり、食べる勢いが遅くなったりすることがよくみられます。

これらは病気のサインであることもありますが、老化の兆候であることも多いです。

もしこういった症状に気がついたら、まずは動物病院で診察を受け、血液検査やレントゲン、エコー検査など健康診断を行い病気の早期発見に努めるとよいでしょう。

そこで何も異常が見つからないけれど、何だか元気がない食欲が落ちているなど気になる症状があるようなら、オゾン療法をおすすめします。シニア犬・猫にオゾン療法を行うと元気になった、若い頃みたいに走るようになったなど体調が上向く例が多いです。

先日も痴呆様の症状を示す高齢犬にオゾン療法を行ったところ、夜鳴きや夜間の徘徊などの症状が軽快した例もありました。

シニア犬・猫の未病でお困りでしたら、動物病院でオゾン療法を一度受けてみられてはいかがでしょうか?

あつき動物病院でも動物のオゾン療法を行っています。