犬・猫のワクチン抗体検査について

WSAVAワクチネーションガイドラインを参考に当院でも、1年に1回のワクチン接種の替わりにワクチン抗体検査を行うようになってきています。

幼少期および追加の1歳時にワクチンを適切に接種していればワクチンの効果が数年間持続する例が多いため、抗体検査を実施し、抗体価が十分残っている場合は過度なワクチン接種を控えることができます。

ただし、単純に数年毎に接種すればよいのではなく、ワクチンの効果が出づらい例や動物の免疫状態、持病、飼育環境など(散歩、外へ行く猫、多頭飼い、ドッグラン、ペットホテルの利用など)を勘案する必要があるため、抗体検査の結果や1年毎の健康診断の結果を加味し、接種の必要性を判断していきます。

従来から当院でも「ワクチンアレルギー」「免疫抑制剤の使用(アトピー性皮膚炎の治療で使用していることもあります)」「悪性腫瘍を患っている」「持病や高齢」などの場合にはワクチン抗体検査を実施してきましたが、今後は健康な犬猫についても抗体検査を実施し、ワクチン接種の必要性を判断していく流れになると思います。

ワクチン接種について詳しくはあつき動物病院まで、受付時や診察時にお尋ねください。